02 インタビュー

毎日笑顔があふれる、
ファミリーのような
仲間と職場が大好き。

  • 職  種
    調理師
  • 雇用形態
    長期キャスト
  • 入  社
    2008年

スタッフみんながいつも助け合う、気持ちよく楽しく働ける環境です。

前職で飲食事業に携わり調理師免許を取得しました。退職を機にパートとして働きたいと思っていたところ、知人に「資格を活かせる職場がある」と紹介されたのが入社のきっかけです。それから十数年、まさかこんなに長くお世話になるとは思わなかったですね(笑)。人間関係が良くて、仕事が楽しいからこそ、ここまで続けてこられたのだと思います。
ここで働く一番の魅力は「人」に恵まれていること。私は複数の高齢者施設で調理・接客を担当していますが、どの現場に行っても「家族みたいな職場だな」って感じます。店長や上司は的確なアドバイスをくれたり、きちんとサポートしてくれたりするので尊敬できますし、同僚のスタッフとは互いに助け合い、支え合う、まさにファミリーのような間柄です。休憩中は会話も弾んでみんなが笑顔。和気あいあいとした雰囲気が最高です。

おいしく食べてもらいたいから、試行錯誤の連続。ダイレクトな反応が、やりがいに。

ご入居者の方からすると食事の時間が何よりの楽しみ。だから「もっとこうした方がおいしくなるんじゃないか?」と、いつもスタッフ全員で話し合い、いろんな工夫を重ねています。先日もミキサー食をお出しする際、見栄えがよくなるようニンジン、ブロッコリーなどで動物やキャラクター、花の絵を描いてみると、皆さん食欲が増したようで、キレイに食べてくださって、「よっしゃー、やっぱりこうしてよかった」と思わずガッツポーズが出ました(笑)。
ご入居者さまの反応は素直なので、食事をされている姿や表情、残食をみると、その日の料理がどう受け止められたのかがはっきりわかります。反応が悪いときはショックもプレッシャーも大きいですが、次回の献立や調理に活かせる発見もたくさんあるので、それもまた励みになっています。

「おいしい」と言ってもらえること、感謝の言葉が、何よりもうれしいです。

ご入居者さまから料理の感想、お礼の言葉や手紙をいただけるときもあり、この仕事を続ける大きなモチベーションになっています。「おいしかったよ」「きょうの料理、また食べたいな」「いつも楽しみにしています」と褒めてもらうと、日ごろの疲れも吹き飛ぶ気がします。
こちらからも「料理の味はどうですか?」とお声がけしながら、世間話を楽しむこともあります。何年も変わりなく元気で過ごされているご入居者さまを見ると、「食」を通じて皆さんの健康づくりに役立っていることを実感し、あらためて大きなやりがいと責任を感じます。こうした気持ちを味わえる仕事ってそう多くはないと思います。誇らしいですし、ありがたいですね。一日でも長く、大好きな職場で元気に働き続けたいです。

働く人たちの声